診療科別新規オーダー件数(2018→2019年度)

上記に示しているのが、2018年度と2019年度の診療科別の新規オーダー件数です。

​外科、呼吸器、循環器関連のオーダー数は増加しています。